ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

コンプライアンス << prev
next >> アジる(アジテーションする)

姜維

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • あの粘り腰は驚異的

  • 費イの引き立て役にされてしまった感も

  • 時代の流れに取り残されたって感じです。

  • 武力93 知力96 政治力81 魅力87 の超人

  • しかし彼はどうすべきだったんだろうなあ

  • 能力以上の責任を負わされた人。蜀漢の存在意義というか、荊州閥と益州閥の争いを回避するためにも共通の敵を作らなければいけなかったんだろうなあ。陳祗と協調できてれば多少は違ったかも。

  • 北伐なんて孔明+五虎将軍でも無理だったんだから、内政に力を注ぐべきだったんだろうけど。どの道魏の国力には叶わなかったかと思うと不憫な存在。

  • 北伐に明け暮れ宦官の横行を許した点を考えると、結果的には蜀滅亡の原因を作ったと見ることもできるかも

  • 有能な武官ではあったのだろうけれども、蜀というのはこういう人の居場所の無い国だったような気も

  • おっ!俺も好き。もっと早く生まれてくればなぁ。

×
  • 滅亡を早めた人物のようであり、詰んでる国のようでもあり。

  • 何をやっても文句を言われたろう損な人。/チベット族がいる四川省の山奥に彼の遺した姜維城にたたずんで、つわものたちのはかない夢を見たよ。

  • 孔明は人を見る目が「致命的に」ないよね。

  • 劉備以降のあの国は何がしたいのか理解できない…。所詮は劉備の人望だけを核として、各地からの豪族を寄せ集めたに過ぎない亡命政権

  • なるほど、生姜をおろしたときに残るアレのことですか

  • 孔明さんが亡くなってからの話が、いつも流し読みになってしまうのは、なぜでしょう…

回答したユーザ
トラックバックURL:  
コンプライアンス << prev
next >> アジる(アジテーションする)