ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ドライアイスを素手で触れる << prev
next >> 人間が搭乗して操縦するロボットで欲しい...

「猿も木から落ちる」の真意は「万有引力の法則」だったかもしれない

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • だったら、おもしろかったかな。

  • 引力があるから落ちたんだろうけど。

  • 「眼から鱗が落ちる」ってのもそうなのかもしれない

  • モンキーハンティングの話ですね

  • 動物園のサル山でポンとコブシを打つニュートン

  • なるほど!ニュートンもびっくりだね。

  • かもしれない だからね。かもしれない

×
  • そうだったらおもしろいけど

  • それなら諺んならないw

  • 百日紅はつるっつる

  • 林檎が落ちるのとはワケが違うしなぁ…

  • いや、「サルスベリの木に登るときは十分気をつけよう」だと思う

  • その程度では、猿と木の間に生じる引力には気付き得ない

  • 落ちるのが林檎の代わりに猿であっても別に構わないが、「月もまた同じように地球に向かって落ち続けているんだ」まで行かないと万有引力の着想には繋がらない

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ドライアイスを素手で触れる << prev
next >> 人間が搭乗して操縦するロボットで欲しい...