ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

softbankの犬は犬型ロボットだと思う。 << prev
next >> 岡山名物“きびだんご”は実は“黍団子”でな...

昔のブログを読み返すと、悶絶するほど文章が下手

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • たまにものすごく(今よりは)面白くて生き生きしてて今が恥ずかしくなったりもしますね。なんにしても悶えるわ

  • 読み返すのも怖い・・・

  • コトリストもこの範囲に入るよな。

  • 相変わらずワケわかんないテンションだなーとか思いながら。

  • まあ消えてますけどね。

  • わぁいちゅーにびょーの伊織たん みなとちゅーにびょーの伊織たん大好き \(^0^)/  …御免なさいちゅーにびょーって言ってみたかっただけです m(_ _)m 普段はこの手のスラング嫌いなので使いません。 本題、昔と言える程長くオンラインで文字を書いていない。 

  • そして何より内容が厨 二 病

  • ひどすぎる。だから見たくもない

  • そんで恥ずかしくなって抹消しました。

  • まあ今も下手だけどな!

  • ニホンゴマチガッテルヨ!今もひどいけど。

  • しかもやたらテンション高かったりしたからちょっと痛かったりも…

  • っていうか内容が恥ずかしくってくすっとくる

  • そして、如何わしい文章が多い!

  • 今も下手だけど

  • 基本的な構成は変わってないけど、稚拙な表現もあったりしてね

  • この数年でだいぶ変わった。

  • 怖いくらいに誤った文章とか漢字を見つけると悶絶

  • ブログというほどのブログはやってないがね

  • 今でも悶絶したいくらい下手。

  • ああああっ

  • 内容が悶絶するほど痛々しい。今思えばものっそい恥ずかしい

  • 絵文字が多い。一人称が「桃子」。とにかく痛い。

  • 消したいんだけど消さない

  • 悶絶するわりには今と大した差はない

  • 裏を返せば、上達したって証拠なんだけどね/あ、↓Pyranoさんと微妙にかぶっちゃいました

  • 数日経つと頭を抱えたくなる。

×
  • ブログやったことない。メッセージは読み返してみると恥ずかしいので破棄しといてください(´∀`;)

  • 文章は元からそれほどヘタじゃないと思う。

  • 腰が低い。文章は下手だけど、それより。

  • 駄文は自覚の上で書いているので

  • 退会済みです

  • 今も昔もたいして変わらない。ずっと下手なまま。

  • 自分が書いたと思えないほど立派でちゃんとしたこと書いてたりすることもある。不思議だ。

  • 分かりやすく伝えたかったんだなーと感じた。

  • 変わんないかな?痛いけどww

  • 大きな変化見られず(それもそれで・・・)しかしテンションがなんか病気じみててそっちの方が嫌だった

  • 今も相変わらず下手。

  • そこまで、赤面する文章は書いていない。あんまり自分が書いた過去の記事は読まないから・・・。

  • 上手い下手は進歩ないけど昔のが何かやたら面白い

  • あんまり変わらない

  • 相変わらず酷い。

  • 未来の自分にケンカを売っているようだ 青臭い そして文章は今も下手

  • 今も昔も変わってない・・・(;∧`)下手です

  • 文章は下手ってほどでは無いけど内容が痛い。悶絶した末消去

  • 上手い下手で書いてない

  • ブログはやってないけど。日記見返したら内容が悶絶するほど痛々しかった。。

  • いやー上達しないね

  • あー読み返したくない、今だって眠いときに書いてたりして翌朝読んでぎゃーってなるのに

  • 下手っていうか文面が今と異なりすぎてて恥ずかしい

  • 昔の方が上手かったかもしれない いろいろ思うところはあるが

  • blog を書き始めた頃は既に書き方が固定されてた。昔の fj とかはひどいな確かに。

  • 下手というよりテンションが痛い けど昔の方が勢いがあると思う

  • 相変わらず下手。進歩がにゃーなー。

  1 | 2   next

回答したユーザ (135人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
softbankの犬は犬型ロボットだと思う。 << prev
next >> 岡山名物“きびだんご”は実は“黍団子”でな...