ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

keep only one love << prev
next >> この週末は、どこかの博物館に行きませんか?

人をいじるのは好きだが、自分がいじられるのは嫌い

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • それが趣味みたいなものになったwww

  • わがままでごめんなさい

×
  • いじってくるやつがいじられてるのを見るのはたのしい。

  • 俺は自分がその相手にいじられても良いと思った人しかいじらない。故に、いじられたくない人のことはいじろうとしないので×

  • いじるのもいじられるのもやだ

  • なにも聞かずに「かーらーのー?」はマジで最悪。あれタイミング悪いと完全に全員の空気悪くなる(´・ω・`) タイミング重要だよ?

  • 妄想でありだが、いじるのはウザったい。

  • いじられるのも好き

  • いじる事もないし、いじられて面白い反応もできません。。

  • おいしいんだろーけど。

  • どっちも好きじゃないけどいじられる

  • される側が嫌がれば「虐め」になりかねない。

  • いじるのは苦手だが、いじられ好き

  • 時と場合によるが、基本的にどっちも気分悪い。

  • 人をいじるのは嫌い

  • どっちも好き。ただし仲の良い人限定

  • (*´∇`)やだ、on the bedの話でしょ!あの男って秀才タイプの紳士かと思ったらとんだ誤算でものすごいギャップだったわ、でもとてもよかったわ…みたいな?

  • 両方とも好きじゃない

  • どちらも割と楽しい

  • いじられる事でちょっと安心しちゃってる

  • そんな事言うと いたずらしちゃうぞ

  • キライな人にいじられるのは嫌。いじるのもあんまりしない。

  • いじられるのも嫌いじゃない

  • いじり合いとは常に自分がいじる側かいじられる側か、それを計算と偶発的な流れの中で執り行われる高度なコミュニケーションだと捉えると、それを好むという挑戦者としての姿勢でありたいとおもう。しかしいじり合いの誤った使い方も問題であるからもっと隠れた通の遊びとして継承されていくべきのように感じざる終えない

  • どちらもそれなりに。「いじって」オーラが出ている人はたまにいる。

  • どっちも好ましくない

  • 自分で気づかないいい面を引き出してもらえたらありがたい。

  • 無視されるよりいじられたほうがマシ

  • いじられ上手なのでよく『うれしそうやねぇ♪』といわれます

  • いじるのは失礼だと考えているのでしません。いじられるのも親しくないと憤慨します

  • 自分が他人をいじるのも苦手だし他人が他人をいじってるのを見るのも苦痛

  • どっちでもいいけど「もう1回やって」っていう人がやだ

  • 自分が無作法にいじられると物凄く腹が立つ。だから他者に対しても礼儀を大切にする。又、自分で自分を安っぽくする様な冗談染みた言動は慎む(「お前がかよ?!」と思うかも知れないけど、オンラインでは少しキャラが崩れるのですよ)。世間には育ちの悪い輩が居るもので、相手とイジり・イジられの間合いでないとコミュニケート出来ない愚か者とも何度も出くわしたが、そんな厚かましい強要(シズカさん↓が挙げている様な台詞)を呑んで迄、敢えて馴れ合う筋合いが無い。自分の精神衛生は自分で管理する。

  • どっちもあんまり…普段いじられる側だけど(∵`)

  • どっちも好きじゃない

  • いじるのも好きだけど、いじられてる方がしっくりくる(’A`)

  • いじられないと面白いこと言えない。

  • イジられるのは美味しいと思えとよく言われるwww

  • イジるのもイジラれるのも嫌い。所謂「虐め」とどう違うんだかわからん。

  • どっちも嫌だ。よくいじられる

  • わがままだなぁ

  • それなんてハッシー?

  • いじっていじって〜

  • いじるのもいじられるのもおk

  • いじるのもいじられるのも嫌いです

  • いじるのもいじられるのも快感(何の話だ

  • どっちもTVで観るだけでいいかな~

  1 | 2   next

回答したユーザ (171人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
keep only one love << prev
next >> この週末は、どこかの博物館に行きませんか?