ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

栄養ドリンクを飲む時は腰に手を当てる << prev
next >> 友達のおかげで自分自身の違った一面が見えた

メタンハイドレート

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 今朝こいつを食べた夢を見た。そら豆のような味がした。

  • 太平洋側にもあるし、日本海側にもある。日本海のほうは結構な大きさのものがあるとか。

  • 上手く利用されると良いけど。

  • 学者の推測では日本の領海に眠るメタンハイドレートだけで、石油の全世界消費ペースでも200年は持つ量があるらしい。

  • 日本近海に多く埋まってるとされる地下資源。石油に代わる新エネルギーとなるといいですね

  • 国はしょうもない公共事業よりもこっちに金使うべきだ

  • まだ実用化までは時間がかかりそうだけど…CH4の形で自然にわき出させるよりは、CO2にしてしまった方がまだ温暖化効果は低いのかな

  • 実用化されたらエネルギー問題の解決に役立つかもね

  • 支那の盗掘を許すな。

  • 怖い、飲み込まれたくない

  • バミューダ海域での遭難事故の原因とも・・・

  • 教科書に書いてあった。

  • 授業で習ったし、おもしろいんだよな、これ。

  • ハイドレートの一部が融け海洋に放出されれば、さらに温暖化を招くことになるかもしれません。わかりませんけども。

  • 別名燃える氷、未来のエネルギー源として期待、日本の周辺の海底にも眠っているらしい

×
  • 日本が今の中東のようなエネルギー立国になる決め手みたいに言われてたけど、海底にあるのは採算取れないとかで盛り下がってる。でも実は世界に隠して内緒で進めてるんでしょ?

  • これ石炭液化より非効率って聞いたけどどうなんだろ。

  • 海底のやつを採掘するのは技術的に困難が多い。それより問題は、地球温暖化が進むと、シベリアのツンドラ地帯に眠るメタンハイドレートが気化して、温暖化がますます進むと見られていること。事態はかなり切迫してる。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
栄養ドリンクを飲む時は腰に手を当てる << prev
next >> 友達のおかげで自分自身の違った一面が見えた