ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

夢の中で小説を書いたことがある。 << prev
next >> 12月8日 何の日か知っている

散るぞ悲しき

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 硫黄島からの手紙は見ました

  • 矢玉尽き果て ―硫黄島

  • 映画で広く知られるようになったのはいいことだ。

  • 特攻へのアンチテーゼ

  • 愛国心という言葉をタブーにした日教組の罪。戦争の歴史を知ることは、再び戦争を望むことではなく、それを回避すること。原爆と同じくらいしっかり日本の教科書で教えられるべきかと。

  • バロン西の愛馬も散った。

  • 梯 久美子氏の一冊は一読の価値あり

  • 辞世だから悲しいと詠めた。

  • 歌が焼かれず残ったことに軍のせめてもの良心を見ます。

  • 俗なセンチメンタリズムやナショナリズムを排し、深く考えたい。

×
  • 百人一首だよね?あ、ちがう…

  • (´・ω・`)知らんがな

回答したユーザ
トラックバックURL:  
夢の中で小説を書いたことがある。 << prev
next >> 12月8日 何の日か知っている