ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

名作映画で英会話シリーズ(別冊宝島) << prev
next >> 男の子だって美少女に強姦されたいのよ!

アドルフに告ぐ

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 舞台版に期待。最近注目している谷田歩さんが出演されるので観に行く予定です。原作は高校時代に図書館で読んだなあ。

  • ナチスに特高や共産党が出てくる素敵な作品

  • 読んだことがないって?すぐに買いなさい!

  • 読んだことあるけど、もっていない

  • 何気なくアイヒマンも登場。内容は、まあ、マンガですからw。という部分多々あり。

  • 個人的には、手塚作品で一番だと思っています。

  • 名作ですね。細部に少しおかしいとこもあるけど些細なものだから。

  • 重さが半端ではない

  • 高校の図書館にあった。

  • 神戸が舞台なので、知ってるところがたくさん。

  • 手塚作品なら読んだ。

  • 告がれた。アドルフじゃないけど。

  • 名作。ただ専門用語が結構多くて、難しかった…。

  • 連載してた時に読んだ。週刊文春だったかな

  • 読んだ。おもしろかったなぁ。

  • 漫画文庫のはしりだったような記憶が…

  • 三人のアドルフ。

  • 初めて読んだ時、怖くて眠れなかったわ

  • 文庫サイズのを持ってる。また読もう。

  • 「この作品は奇子の延長上にある」という説に誰も同意してくれないので悲しい

  • 実は手塚作品に触れたのはこの漫画が初めてで、感慨深いものがあります。

  • 今度実家に帰ったら読み返したい。

×
回答したユーザ
トラックバックURL:  
名作映画で英会話シリーズ(別冊宝島) << prev
next >> 男の子だって美少女に強姦されたいのよ!