ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

のれん代 << prev
next >> 男は黙って背中で語る!

「弁護士」は悪者の味方?

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • そういうヤツもいる。そもそも弁護士などというのは、法曹の中でも一番できないやつがなると世間は認識している。そういう連中が持ってる倫理というのは、法律に違反しないことではなく、違反しても捕まらなければいいという程度のものでしかない。だから、明らかな嘘でも吐いておいたほうが得だと考えている。刑事被告人や民事の被告の弁護でも、嘘を言ってでも法律に違反した人間を助けることが弁護士の仕事だと勘違いしているカスが多いw

  • 金が入ればどちらにでも。例外として人権を振りかざす連中、山口の例の弁護団は絶対悪だが。

  • というのは極論だが一部 特定指定暴力団やフロント企業の顧問弁護士もいる

  • 悪いと分かっていても立場上救わなければならない職業?・・・

  • 本当は違うものなんだけどもうそれ位のつもりでいる事にした / 被告や依頼人の味方でもない、つうか誰の味方でもない

×
  • 今日もバレバレの「漫湖公園」の複垢使うて虚しい自演しとる窃盗ガチホモ極貧女装小卒ネカマ基地外の小田島ピューをご覧あれw ピカチュウhttp://kotonoha.cc/user/unjarag... =【漫湖公園:gomasurikoshinkyoku】=くるみ☆ぽんちお(旧テメナコンマオ):tamegoro =あべやかん:sudarabushi=イチモツ・ダシオ:gomanbushi=樹里:ryotsu=小泉:koizumi

  • アメリカの弁護士のジョークは面白い

  • 中には悪徳弁護士や悪者の味方もいるだろうが、大半は弱者の味方。離婚でもお金の貸借でも弁護士に依頼しなければならない事が沢山ある。

  • 弁護士も妻や子もあるのですわですから儲かる話へ付くわけです

  • 法において「悪である」という判断を下される前段階に関してなら、「被告人」≠「悪者」。

  • 冤罪で逮捕されてみれば分かるだろう

  • 判決の前に善や悪があるとは思わない。それが司法というものでは。

  • 弁護士は鏡。依頼人の主張をそのまま映し出す。味方という考えとは少し違う。

  • 起訴されたというだけでマスコミ含めて総動員で叩きに走る日本社会でこれを言うのは、言葉のあやとしても認めたくない。

  • というより、クライアントの味方。

  • 依頼人の味方

  • 雇い主の味方。味方という表現も少し おかしい。

  • 依頼さえあれば誰の味方にでもなるイメージ。

  • 法と金の御名の下。

  • どっちの味方でもない。

  • 「悪者」って何? 弁護士は、あくまで法治主義国家の司法制度の中で、裁判官や検察官と共に、その役割を担っているだけですよ。

  • 弁護するのが仕事なんだから。本人が認めちゃってれば刑を軽くするのがお仕事。ただ、大事件でしゃしゃり出て来るのは金儲けが好きな人。

  • 依頼人の味方。たとえ依頼人が悪者っぽいとしてもね。

  • 依頼人が「法律上の悪者」にならないよう全力を尽くすのが弁護士の役目。法律を知らずに感覚だけで「こいつは悪人だ」と決め付けてしまう人は多いが、それは法治国家に住む者の取るべき態度ではない。

  • より多く自分に得が得られる方のじゃねーかと…

  • チンピラの車にかすってしまい、ぼったくられそうになったとき、うんと助けていただきました。感謝。

  • 被告人の味方だと思います

  • 依頼人の味方をしてくれると思います。

  • 依頼した人の味方。

  • 金払った人の味方、ではあるかもね。

  • 依頼人のためにベストを尽くす。 これ商売の鉄則

回答したユーザ
トラックバックURL:  
のれん代 << prev
next >> 男は黙って背中で語る!