ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

小またの切れ上がった女 << prev
next >> 水もしたたるいい男

たくさん音楽を聴くが、本当に深く理解しているものは僅かだ

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 自分が作曲や演奏をしていないのなら、自分の思うように理解すればそれで充分。芸術は本来誤解からも発展出来る柔軟性を持っている・・・筈w

  • 作曲者の意図を、ならこっちじゃないかな

  • そうなのかもしれない・・・どこまでが「理解」なのかすらよくわからないけど・・・そう考えるとやっぱり音楽って深いよね

  • 楽しければそれで良いじゃないか。

  • 広く浅く。民謡クラシックポップテクノ、とりあえずなんでも聴いてみます。

  • 客として楽しめばいいんじゃないかと

  • 好きな曲はいっぱいあるけど、深く理解しているかと言われれば分からないかも。ほとんど洋楽を聴いてるからなおさら。

  • 直感的に聞いているかもしれない

  • そうかもしれない。

  • コードとかメロとかリズムなら理解できるが、他に理解すべき項目って何だろうね。

  • 何事も深く理解するって難しいよ

  • そもそも理解する必要なし! 感じるんだよ! ハートフィーリングだよ! トゥギャザーだよ!

  • 深く理解したとしても結局それも主観的な感想に過ぎないとは思うけどね

  • よくわかんないけど たのしく聴いている

  • 理解や学術的に研究したりするのではなく、自分の場合はあくまでも楽しむ為だけに、娯楽として聴いてますからね。 それに、基本的にミーハーなので

  • 世界の民俗音楽シリーズ、1曲数十分のシタール独奏やチベット仏教音楽を最後まで聴くのを苦行に感じてるうちはまだまだ

×
  • 「たくさん」と自称できるほど聴いていない。

  • 深く理解というのがどう言った事を指していうのか定かではないので・・・。

  • 考えて聴くことってほとんどないのです

  • 人によって判断も違うんじゃない?そもそも『深い理解』というのも千差万別だし

  • 沢山音楽を聴くが、ピアノで弾けるのは極わずかだ

  • 理解できてるかなんて分からない。

  • 分からない音楽はスルーして自己流解釈を起こしてるものだけ手元に置いとく主義です

  • どういう意味での理解か判らないけど、感じるものだと解釈してるので×

  • 音楽を理解するって言い方がすきじゃないんで

  • 音楽は頭で考えるためのモノじゃない。楽しむモノだ。

  • そんなものは天才にまかせておけばいい。凡人には不要さ。

  • わたしの中ではしているけれど本人が向けたものとは大きく・小さくズレがあったり、でも理解してて。あーごちゃごちゃ!

  • 理解するということを理解していない

  • 全部を理解しなくてもいいのではないかな。音楽によって聴き方も変わってくるし。

  • 深く理解できていたと思っても、所詮それは私の感性での話だと思ってしまう。

  • 聴く種類はそんなに多くない。理解もあまりしてない

  • どうすれば「理解した」事になるのかがわからない。

  • 沢山聞かないし、音楽は蘊蓄で聞くもんでもないだろうし。

  • 理解・・・英語の意味、時代背景、作詞、作曲、編曲などの情報を把握するなど・・・なのだろうか?

  • たくさん音楽を聴かない

  • 本当に深く理解するには音楽を作った本人にあらいざらい聞くしかないではないか。よって本当に深く理解している音楽なんてない、かな。

  • 理解とは、どのようなことを?

  • 音楽をどう理解するのか小1時間問いつめたい

  • あんまり聴かないんだ

  • 理解って何?どういうことが理解したっていえるの?

  • 理解って歌詞を?なら聞き取ってすらいません

  • たくさんというほど聴いてないと思う。音楽は好き嫌いが激しいので//↑↓なるほど

  • 音楽の理解の度合いなんて主観的ではあまりわからないのではないか。無理に理解する必要性も感じないしなあ。がちがちのコンセプトアルバムなら別として。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
小またの切れ上がった女 << prev
next >> 水もしたたるいい男