ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

モナー系のアスキーアートが好き << prev
next >> スライドアドベンチャー マグキッド

「お気軽にどうぞ」はお気軽になれない理由の一つ

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • ほんとに気軽なら気軽になんて言わないよね

  • 心理学の本に書いてあったが、自分をよく見せようとして書いてあるだけで、本音は来てほしくないから書いている(本人はそれを表向き認めない)場合もあるそうな

  • 確かに・・・!相手の「本当に気軽にしてね」っていう意思を汲み取れてもお気軽にはなれない・・・

  • ほんとにいんだが?

  • ご不明な点はお気軽にお申し付けください。

  • だけど、ぼくはおきらくにやります。

  • どうしていいかわからない

  • ○付けてる自分もお気軽に~なんて書いてる…

  • かえって遠慮してしまう

  • 相手から「お気軽に」がっつり食いつかれそうだもんね。

  • 男性もお気軽にどうぞ。  その一文を見て行くの止めたことある。

  • 書かない方がお気軽にされてる気がするこの矛盾。

  • 社交辞令だもんね…。

  • Dai *

    謎の雑貨屋とか某プロフのメッセージとか某ミニブログのAddとか お気軽にさせないプレッシャーはそこから発せられている

×
  • どうもご親切に

  • 「メッセお気軽に」って書くのやめたら、確かに来る頻度は減ったかな

  • そんなに考え込まないな

  • そういうもんなの!?ちょっと吃驚…ふつうに書いてあった方がお気軽になってたや。。

  • 真に受ける。けど、いわむさんの例をみてなるほどと思った

  • 字義どおり受け取って、気軽にする。

  • その文言の有無はあまり関係ない。

  • なにも書いてないよりかは、メッセージ送りやすい

回答したユーザ
トラックバックURL:  
モナー系のアスキーアートが好き << prev
next >> スライドアドベンチャー マグキッド