ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

明日くたばるかのように生きろ。永遠に生... << prev
next >> 基本動作

生きる限り、夏の花のように。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 「夏の花のよう」の解釈がなにげに難しいけど、「ひと夏」っていう限りがあるのがいい。

  • 「この花のように丁寧に生きろ」

  • 君を望む向日葵のように。

  • 純朴 舌だす 眩い空「七月」刻み始めた

  • 暮れてなほ 命の限り 蝉時雨

  • 朝顔に釣瓶とられて。

×
  • 人はみな草のごとく その栄光はみな草の花の如し

  • どちらかと言えば花火かなぁ。爆ぜて散って燃え尽きるまで。

  • 君に冷凍保存されるのを待ってる

  • 水をもらえなくなるとすぐに枯れてしまうよ。

  • 白い部屋の中でノラ猫みたいにしか生きれないよ。

  • バナナのように完熟娘。ウキ!

  • 春の花や秋の花の立場はどうなるの?

  • 夏の花は好きでない

  • 野薔薇のように。

  • 春の兔のように。

  • ひまわりは能天気な感じがして、あまり好きじゃない

  • スカーレットのように。

  • つまり、どういうことだ?

  • その辺は割と地味。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
明日くたばるかのように生きろ。永遠に生... << prev
next >> 基本動作