ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ライフスペース << prev
next >> 愛知大学

曲製作に対するアーティストのモチベーションはアニソンや18禁ゲーム音楽に携わる人も同じ

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • いいものを作りたいってことよね。

  • 個人間にやり方などの差はあれど、ジャンルで差別しないなんて当たり前。逆に18禁やアニソンだからって手を抜くやつはプロじゃない。

  • そりゃ仕事ですからね。プロフェッショナルなんだから

  • 逆に言えば関わる対象が違うからと言ってモチベーションを変えるアーティストは信用ならん。

  • 最近のアニソンはアニソンじゃないよ

  • 何と同じなのかは分からんけど、まあ仕事で作る限りある程度のやる気は持って臨むんじゃないかなー

  • 同じだとおもいますよー

  • 後から使い方が決まる場合も多い気が。

  • たとえ電波ソングでも曲として成立させるのって大変なのかな?

  • まじめにやってる人はそうかもね(´Д`)電波ソングは絶対ふざけてると思うけど。

  • ポップスとかの方は知らんけど結構楽しいよ

×
  • よく知らないんだけどあるビジュアル系のバンドの曲が18禁ゲームの曲にそっくりだったってことがあったらしい。よく知らないんだけどね。

  • モチベーションなんて、制作者以外には推し量れない領域じゃないか?

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ライフスペース << prev
next >> 愛知大学