ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

夏休みの昼飯は基本素麺 << prev
next >> サントリー繋がりで ○バブルマン ×ビン...

畳の縁は踏まない。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 由来のほどは知りません

  • 茶道で習ったようなそうでなかったような

  • なるべく踏まないようにしてる。

  • 祖父に教わった。自宅ではあまり気にしないけど。

  • 家では関係ありませんが

  • 「そんなに気にしてるわけじゃないけど、無意識に」

  • 自宅はともかく訪問先なら、マナーというか気配りのために踏まない。なぜならふちは飾りが施されている場合もあるしそもそも補強が目的だから踏むのはよくない

  • 3つ子の魂なんとやら。そういえば踏んでいません。歩数を合わせます。

  • あんまり畳を見かけない

  • そう教わったけど誰に教わったのかはちょっと覚えてない

  • そのように教育されました。 祖母に。

  • 茶道では踏み出し足や歩数も決められている。

  • うっかり踏むと心の中で謝っちゃう。

  • 畳の縁は踏まないよね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

  • 踏むと怒られます

×
  • 畳のある生活なんてすっかり忘れてたわ。

  • 気にせず踏んでるな。

  • こんなこと言われたら「ふーん、畳とはそれほどまでに他の床材より劣るものなんだね」と言わずにいるのも一苦労。

  • 言われちゃいるが踏んでしまう。

  • 気にしない。でも踏んだときは「しまったぁ」って思う。

  • そうともかぎらない

  • あ、ごめんなさい(´д`)

  • 毎回言われるけど、つい踏んじゃう

  • 畏まった場以外は気にせず踏んでます

  • これからは気をつけようと思いました

  • 由来について面白い話を聞いたことがある。戦国時代、武将が他人の家に上がった際に、畳の真ん中を歩くと床下に潜んだ兵に槍で突かれる恐れがある。しかし畳の縁の下にはたいてい梁があるから突かれる恐れが小さい。だから用心深い武将は縁の上を歩いていた。これが転じて、わざと畳の縁を歩かないことで「あなたを敵だと思っていない」という好意の意思表示になったのだ、という話。縁の布地が弱いからという説よりもこっちの説の方が好きだ。

  • 普段は全然気にしてないです。

  • あんまり気にしない。

  • 時々「あっ」と思うけど、基本的に気にしない。

  • 今縁の上に座ってる…。気にしたら生活できなくなる

  • 意識せず踏んじゃう

  • ←奥ゆかしい方々。そういえばアイコンにもそこはかとなく品があるような・・・それに比べてこっちは雑な奴ばっかだw

  • 踏んでるかもなあ。

  • あらたまった場なら気を配るけど、日常生活では特に気にしてない…っていうか、日常生活はほとんどフローリングですが。

  • 家では踏みまくってる。他所では意識して踏まないようにする。

  • 小さい頃、畳の縁で電車ごっこした。

  • あんまり気にしない

回答したユーザ
トラックバックURL:  
夏休みの昼飯は基本素麺 << prev
next >> サントリー繋がりで ○バブルマン ×ビン...